2016年9月4日日曜日

オランダの運転免許の申請方法について(日本運転免許書の返還方法編)

前回の記事「こんなやり方があった!オランダの免許に書き換える効率的方法について」で、日本の免許からオランダの免許への効率的な手続き方法の説明と、その後の市役所での手続き「オランダの運転免許の申請方法について(市役所での手続き編)」について書きました。

本日は、最後の手続きである日本の運転免許書の返還方法について紹介します。詳しく書いている記事が見つからなかったため、これから手続きされる方の参考になればと思います。

オランダの運転免許書を受け取って数週間後に、在オランダ日本国大使館から手紙が送られてきます。

内容は、オランダRDWから日本の運転免許書が送られてきたので、確実に名義人に変換したいため、返還方法について領事班まで連絡をしてほしいとのことでした。ちなみに、大使館からの手紙ですので、全て日本語で書かれています。

返還方法は以下の2つです。

<日本の運転免許書返還方法>

1.領事窓口での返還

デン・ハーグにある領事窓口にて希望される場合は、領事窓口開館時間内に訪問し受け取ります。

<開館時間>
9:00~12:30
13:30~16:00

<持参するもの>
・送られてきた手紙
・パスポート
・オランダのIDカード(滞在許可書)

2.郵送による返還

郵送にて返還希望の場合は、以下3点を封筒に入れ、領事班宛てに送付します。

<郵送するもの>
・送られてきた手紙
・書留郵便用シール(Servicezegel Aangetekende brief)
・返還用封筒(宛名を記入すること)

返還用封筒には、確実に郵便物を受け取ることができる住所を正確に記載する必要があります。

ちなみに、私はデン・ハーグまで遠いため郵送で手続きを行いました。

そして郵送後、記載した住所宛てに日本の運転免許書が送られてきます。私の場合は、領事に郵送してから3日後に自宅に返却されてきました!さすが、の仕事のはやさにびっくりしたのを覚えています。

これで、やっと免許書に関しての手続きは全て終了です。

これから、オランダでの運転免許の申請手続きをされる方も、難しいことはないので頑張ってくださいね!手続き方法に関しては、過去の記事に詳細を書いているので参考にしてください。

【お知らせ】
Facebookからの紹介を始めました!お時間がある際に見ていただき、いいなと思ったら「いいね」をお願いします。こちらから、お立ち寄りください。


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿