2017年2月23日木曜日

Eindhoven(アイントホーフェン)図書館を活用しよう!

今回は、Eindhoven(アイントホーフェン)にある図書館を紹介します。ここの図書館居心地がいいので、よく利用しているお気に入りです。

場所は、アイントホーフェン駅から歩いて7分、白いビルのWitte Dame内にあります。ちょうど、道を挟んでフィリップミュージアムの斜め向かいです。

同ビル内に、有名なデザイン・アカデミー・アイントホーフェン学校が入っているため、図書館内では一生懸命勉強している学生さんの姿もよく見かけます。

デザイン・アカデミー・アイントホーフェン学校については、こちら ↓
【DDW2016】Design Academy Eindhoven(デザイン・アカデミー・アイントホーフェン)卒業展

こちらが、入口の写真☆オランダ式の1階(日本では2階)が、図書館への入り口になります。


本の貸し出しコーナーは、入口入ってすぐにあります。ちなみに、日本と違う点は公共の図書館ですが本の貸出は有料です。無料ではありません~☆



奥のカウンター席には、PCもたくさん置かれているので、無料で使用できます。自身のPCを持参される場合は、窓際のカウンター席がおすすめです。各席ごとにコンセントがあり、wifi(無料)も使用できます。また、有料にはなりますが、コピー機もあるので印刷も可能ですよ。


言語コーナーには、下の写真のように2~3冊のみですが(笑)、日本語の本も置いてあります。

館内は、開放感があり、カラフルで居心地がいい空間です。

Eindhoven(アイントホーフェン)の歴史を知れる書籍や、写真集などが置かれているエリアもあります。壁の地図は、アイントホーフェンの形になっているんですよ☆



その他にも、館内には、写真のように至る所にソファー席や、カウンター先、テーブル席があります。本を読む人は、ソファー席を利用していたり、勉強している人はカウンター席や、テーブル席を利用するなど、用途に応じて使えるようになっています。

ただ、お昼以降に行くとカウンターやテーブル席は満席になっていることもあるので、もし、図書館で勉強や仕事をしたいという方は、午前中に行くことをおすすめします。



ソファーもカラフルで、明るい気持ちになります。



また、図書館の館内中央にはカフェがあり、そこで飲み物や食べ物を注文すると、どこに座っているかさえ言えば、店員さんが席まで持ってきてくれます。(返却の際は、カフェ横の棚に戻すシステムです)

オランダの図書館はいいな~と感じるのは、明るいインテリアや、自由にどの席でも飲食が可能な点です。日本だと、図書館によりますが勉強禁止だったり、飲食禁止だったり、いろんなルールがありますよね。ここオランダは、何時間でも勉強してもいいし、仕事してもいい、お喋りしてもいい、飲食してもいいと自由な雰囲気です。



たまに、隣の人が鞄の中をごそごそしてるな~と思ったら、サンドイッチをほおばり始めたり、苺が出てきたり・・・その中でもびっくりしたのは、マンゴーを鞄から出してその場でナイフで切り、用意していたタッパーに入れて食べ始めた人や、牛乳をかけたシリアルを食べ始めた人です(笑)

え?!ここで・・・?

なんで、家じゃないの?と思いつつ、そんなマイペースなオランダが結構好きです。

ちなみに、トイレは有料で、1回の利用につき0.50セント必要なので、念のため小銭は用意しておくことをおすすめします。


<詳細情報>
店名:Bibliotheek de Witte Dame in Eindhoven(アイントホーフェン図書館)
WED:Bibliotheek de Witte Dame
住所:Emmasingel 22, 5611AZ Eindhoven, Netherlands
開館時間:
月曜日:12:00~18:30
火曜日~木曜日:10:00~18:30
金曜日:10:00~21:00
土曜日:10:00~17:00
日曜日:13:00~17:00



にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿