2012年12月6日木曜日

自分の選んだ道を進む

このタイトルは、昨日の国際交流の登壇で発表されたでカリナさんが言った言葉です。

エストニア出身の彼女は、現在、エストニアからユーラシア大陸をヒッチハイクで旅しています。その旅の途中で日本の秋と春を見たいが為に、半年ばかり滞在した後、またヒッチハイクで世界旅行に出かけるそうです。

その彼女が旅してきた経路や旅を通して感じ得たもの、どうして旅に出たのかなど彼女の心の言葉で語ってくれました。

誰でも幼い頃は、目にうつるもの全てが新鮮で、毎日が新しい発見の連続だった。

例えば、草木の匂いとか、雨の音とか・・でも、大人になるとそれらは日常となり感動するものが少なくなる。

でも、旅をしているときは1日単位ではなく、瞬間瞬間が新しく感じられ世界はなんて大きく、自分はなんて小さいんだろうと実感する。

旅先で出会う人の優しさに触れたり

ドゥブァ共和国の音楽祭で喉歌を聞いたり

星の綺麗さに心うたれたり

シベリアの森で自然の偉大さに感動したり

日常では味わえない物が旅には沢山ちりばめられている。

だから、私は毎日、目が覚める度に全世界を見たいと思う。

だから、私は私の場所を見つけるまで、世界の余白がうまるまで、旅を続けますと話していました。

そのカリナさんが

「私は昨日の事はよく分かるけど、明日のことは何も分かりません。」

と言った時、私はどうしても聞きたくて

「でも、時には明日の事が分からないのは不安じゃありませんか?」

と聞くと笑顔で

「不安じゃありません。明日がわからないから楽しいし、楽しい事の方が多いから大丈夫」と、凄いなぁと思いました。

明日が分からないのは楽しいと思うけど、じゃあ不安がないかと言ったら・・私は不安になるから。

確かに旅はしてみるものだと思う。

普段無駄なものに覆われてる私達の生活から、必要な物だけを持って自分の足で旅をする。それは、お金や物は人の心を束縛してしまい大切な物を忘れていたことに気づかせてくれると思う。

国は人と同じで必ずドアがある。もし、一つのドアが閉まっていても、他のドアを探せばいい・・

そんなカリナさんに「旅の途中で自分の場所を見つけたら、そこに住みますか?旅は終わりますか?」と聞くと、

笑って「明日の事ですから。」と答えました。



0 件のコメント:

コメントを投稿